軽度高気圧酸素ルームとは?効果と利用方法

「なんとなく、疲れがとれない」「寝ても寝ても寝た気がしない」「仕事の集中力を上げたい」「炎症を抑えたい」などのお悩みを抱えている人は、ぜひ軽度高気圧酸素ルームを利用してみてください。
一般の美容感度の高い人やアスリートが注目している、酸素ルームの効果や利用のポイントについて書いていきます。

酸素ルームとは?

酸素ルームは気圧や酸素濃度を変化させ、特殊な環境に滞在することで身体に様々な効果を促すことができる部屋です。
平地の場合、1気圧であれば、20.9%程度の酸素濃度です。軽度高気圧酸素ルームでは、1.2~1.3気圧、酸素濃度としては、35~40%の酸素濃度の環境に滞在することで身体への効果を得ることができます。

軽度高気圧酸素ルームにはいることで、血液中に溶け込んでいる酸素の量を増やすことが可能となります。
日ごろ私たちが呼吸で取り入れている酸素は、ヘモグロビンと結合するため、「結合酸素」と呼ばれるものです。「結合酸素」は体内の赤血球の数に依存するため、取り込める量には限りがあります。
それに対して、酸素ルームで取り入れる酸素は「溶存酸素」と呼ばれ、血液や体液に直接溶け込む性質を持っており、赤血球の数に関係なく、毛細血管のすみずみまで行き渡ります。

酸素ルームの効果

酸素ルームには様々な効果を期待することができます。実際に、効果を実感するには1回ではなく、継続的に何回か入る必要は考えられていますが、1回入ることで、「翌日身体が軽かった」「よく眠れた」というお声が圧倒的に多いです。では、その効果についてそれぞれ見ていきましょう。

リラックス・疲労回復

酸素ルームに入った後の効果として最も代表的なものの1つが、リラックス・疲労回復です。
人間の身体の中では、日々、様々な物質が入れ代わり立ち代わり、「出現しては消える」ということを繰り返しています。
その様々な物質の中には、疲労物質や身体に害を及ぼす物質などが含まれています。

軽度高気圧酸素ルーム(1.3気圧、35%程度の酸素濃度)に入ることで、筋の硬さを低下させ、筋痛と疲労感を軽減させたというデータがでています。また、皮膚温の同じ環境において、皮膚温の上昇と血流量の増大があったというデータもあります。

筋の硬さや疲労感の軽減は、疲労回復という点で効果が実証されており、血流量が増えることで、蓄積された疲労物質などが流されやすくなるということも考えることができます。

乾燥肌

乾燥肌の原因に血流の低下があると言われています。これを酸素ルームへの滞在で改善することができます。子どものころから長年にわたり保湿クリームを塗り続けていた女性は、1日ごとに計7回酸素ルームに滞在しただけで乾燥肌が軽減しました。これは、末梢の血流量が上がったことにより、乾燥肌が改善できたと考えられます。

睡眠サポート

酸素が脳に取り込まれると、脳に血液が巡りやすくなり、副交感神経が優位になります。それによってリフレッシュ効果が期待でき、いつもの睡眠タイムも心地よく感じられるようになります。

免疫力を維持

過剰なストレスは免疫力を低下させます。この過剰なストレスには、精神的なストレスもありますが、電磁波のストレス、強度の高い運動によるストレスなどが含まれます。このようなストレスが加わっているときは交感神経が優位に働き、この状態が長い間続くと免疫力が落ちてきます。そこで、酸素ルームに入ることで、自律神経を安定させ、免疫が弱くなる状態を避けることができます。

口腔ケア

歯周病の原因はバイオフィルムと歯周病菌で出来た細菌性のプラークです。
口腔内には歯周病菌は虫歯菌なども含めると800種類を超えると言われていますが、その中でも「極悪御三家」と言われているのが「ポルフィロモナス・ジンジバリス」「トレポネーマ・デンティコーラ」「タソネレラ・フォーサイセンシス」という筋で、いずれも嫌気性菌で、酸素を嫌う菌です。
そのため、歯周病予防するには、「酸素のない環境を与えない」中で、健全な死肉を保つようにしていく必要があります。

冷え性の改善

冷え性は末端の血流不全で起こっていることが多くあります。酸素ルームに入ることで、末梢の血流量が増加し、冷え性の改善効果が期待できます。

酸素ルームを利用できない方

・妊娠中または妊娠の可能性がある方
・インシュリン投与直後の方
・ペースメーカーなどの人工臓器を埋め込んでいる方
・開胸手術および自然気胸の既往症がある方
・ご自身で耳抜きが完全にできない方
・中耳炎を患っている方

 

このように酸素ルームは様々な効果を期待することができます。
実際に整体を酸素ルームで受けたり、整体の前後で酸素ルームに入ることもあります。
整体の効果を持続させるためにも、酸素ルームに入ることはお勧めです

 

 

OF LIFEでは、お客様の状態をカウンセリングにて、しっかりと把握させていただいた上で、施術やトレーニングの提案をさせていただきます。
このカウンセリングがおろそかになってしまうと、お客様の達成したい目的が達成できなくなります。
特に、初回体験でお越しいただく際は、カウンセリングには十分に時間を取らせていただいております。

以下のLINEにご登録いただければ、体験前に無料での相談に対応しております。
「こんな悩みがあるんだけど、私のは良くなりそう?」
「ダイエットに取り組みたいけど、私でもできるのかしら・・・」
などどんなお悩みでもご相談いただけます。

ラインバナー
初回体験のWEB予約はコチラをクリック


参考文献

高気圧・高濃度酸素を筋疲労および筋痛を早期に回復できるか 京都大学大学院 石原昭彦

勝つためのトレーニング&リカバリー機器 O2Room®活用術 日本気圧バルク工業

高気圧酸素の仕組みと生体機能に与える効果 一般社団法人日本気圧メディカル協会

炭水化物は悪者??

炭水化物、、、悪者のイメージはないでしょうか?
炭水化物は食べると太るというのが現在の多くの人の認識だと思います。
しかし、実際には、炭水化物を食べると太るというのは間違った考えてです。
今日はそのことについて書いていきましょう。

なぜ、炭水化物は太ると言われるのか?

「炭水化物を食べると」、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
それが本当なのかを見ていきましょう。

炭水化物と水分

炭水化物から摂取した栄養分は、体内に取り込まれると肝臓や骨格筋にグリコーゲンとして蓄えられます。このグリコーゲンはその質量の3~4倍の水分と結びついています。
そのため、ちょっと炭水化物を摂りすぎてしまうと、その水分量に合わせて、体重が増えるのです。その結果、「炭水化物を多く食べると太る」から「炭水化物を食べるのをやめよう」となっていったわけです。

「炭水化物を減らすことで痩せる」、これは、身体の中の水分がなくなっていく、ということを言っているのです。実際に、余剰になりすぎた糖質は体脂肪になりますが、よほどの不摂生をしない限りは、体脂肪へ変わることはなさそうです。

アメリカの研究でこのような研究があります。
360g~390gの炭水化物(糖質)に対して、脂肪合成は3〜8gしか起きなかったという報告がされています(2001年:アメリカ臨床栄養学学会)。

ほぼ絶食に近い1日405Kcalのカロリー制限のダイエットを4日間行った実験では、「減った体重の3~4kgは水で、体脂肪はごく僅かしか減らなかった」という結果が出ています

このデータからも分かるように炭水化物(糖質)が脂肪に変わることはめったいと考えられます。

リバウンド

上述した内容で、リバウンドの正体はわかったのではないでしょうか。

炭水化物を制限した結果、体内の水分が同じように減少していきます。
炭水化物を制限することで飢えた身体は、食事を元に戻していくと、急激に体重を戻していきます。その体重の戻し方が、グリコーゲンを体内に蓄えることによる水分量の増加と、次に来る飢えに備えて、最も身体の中で貯蓄しやすい「体脂肪」の増加という反応をすることで、体重を戻していきます。
 
このリバウンドを恐れるあまり、永遠と炭水化物を制限するということに陥りかねないのです。
 

炭水化物の制限を長期間行うデメリット

炭水化物の制限を行うことで起こりうる身体にとってのデメリットが明らかになって来ています。
 

今日ご紹介するのは、その中でも心臓に関するデメリットです。
米国心臓病学会学術集会で発表された研究によると、1日の総カロリーのうち、炭水化物の摂取量を45%未満に抑えている人は、心房細動や不整脈が起こる確率が高くなると言われています。
特に極度の炭水化物制限を始めてから1年後から、頭痛や下痢などの副作用が出ることが分かってきており、長期的に行うことの問題があることがアメリカ合衆国農務省より報告が上がっています。

炭水化物の制限については、リスクを知らずに行っている人、夜だけ糖質制限を行っている人など様々だと思います。
今日お話ししたような内容のことを少しずつでも知っていただければ嬉しいです。

 

OF LIFEの整体×トレーニングの初回体験はこちらから

 

青砥駅の運動苦手な人が通うジム&サロン

青砥駅徒歩3分、トータルボディケアOF LIFEを紹介します。
OF LIFEはパーソナルジムであり、ボディケアサロンであり、エステサロンです。

お客様のお悩みを1か所でまとめて解決することができる総合施設です。

今日は運動が嫌いな人が、なぜ運動を続けることができないのか、またその解決方法についてお話していきたいと思います。

OF LIFEの詳細はこちら

運動が嫌いな人が続かない理由

お悩みの解消を目的として、パーソナルジムやダイエットスクールなどに通う人はたくさんいますが、運動が嫌いな人は、様々な理由で運動が続かなくなってしまいます。
まずは、その色々な理由をあげていき、解決策として一般的なものもお伝えしていきます。

カラダの動かし方がわからない

運動が苦手な方の特徴の一つとして、学校の授業の一つ「体育」があげられます。

元々、運動が苦手なのに、体育の授業で周りと比べられ、成績もつけられ、苦手が徐々に嫌いになっていった、といった方が非常に多いです。

これらのことが「私は運動に向いていない」「運動は苦手」という考えになってしまっていると考えられます。
そんな人は、カラダを動かす経験が圧倒的に少ないことが多く、トレーニングや体操を教えられた場合もどうやってカラダを動かしたらいいかがわからない場合が多いです。

キツイトレーニングができない

「運動が苦手」ということも影響していますが、
特にダイエットを目的に運動をしようと思った場合には、運動強度を上げる必要があり、そのキツイトレーニングが耐え難いものとなります。

運動が苦手な人に取っては、そもそもそんなキツイトレーニング自体が精神的にも受け入れがたい状態であることがほとんどです。

食事のコントロールができない

「運動が苦手」「キツイトレーニングができない」という方が多くのトレーナーに言われることは、「食事制限をしましょう」でしょう。
多くの方は、「ダイエット=食事量を減らす」だと思っている傾向があるため、過度な炭水化物制限や●●だけダイエットなどを行います。

これらのダイエット方法は食事に対する欲求をさらに増やしていくだけでなく、栄養の偏り、終わった後のリバウンドが考えられるため、実行できたとしても、維持することができずに後悔をすることが多いです。

目的・目標が明確でない

上述してきたこと以外に、根本的な理由として、運動・食事などにチャレンジをするときに、ご自身の目的・目標が明確でないために、課題をクリアできない、ということもあります。

「ダイエットをして、ー3kgしたい」
「膝の痛みを取りたい」

こういった目的やお悩みがある方でも、、、、

ー3kgしたり、膝の痛みがとれた時に

「何がしたいか?」
「何を得られるか?」

という達成した先に得られる「ご褒美のようなもの」や「やりたいこと」が明確になると苦手なものも頑張って乗り越えられたり、やる理由もできてきます。

目的と目標については、以下のブログに書いているので、ご覧ください。
目的を達成するための方法

 

運動嫌いな人が克服するヒント

しかし、そうは言っても、苦手なものをそのままやることはとても大変なことです。
苦手なものを克服したり、受け入れやすい環境を整えることはとても大切なことです。

次回のブログでは、運動嫌いな人がダイエットや痛みを改善するための運動や食事をどのように取り入れていけば、受け入れやすいのか、というお話をしていきます。

OF LIFEでは、LINEで無料相談を承っております。
ご自身のお身体のお悩みで気になることがある方は、まずはLINEにてご連絡ください。
以下の画像をクリックして、友人登録後メッセージをいただければ、個別で相談に乗ることが可能です。

 

 

1食置き換えファスティング

「疲れを癒したい」「痛みを改善したい」というお客様はたくさんいらっしゃいます。
また、その解決方法もたくさんあります。
人によっては、ストレッチやマッサージ、整体で良くなる方もいれば、運動で良くなる方もいます。また、食事を改善することで良くなる人もいます。

OF LIFEでは、「トータルボディケア」ということで、施術・運動・食事の3つの視点からお客様のお悩みの解決を行っております。

その食事面でのお話が今回のタイトルです。

近年、世界中で「空腹(断食・ファスティング)」と健康に関する研究が盛んにおこなわれています。

それらの研究から、断食(ファスティング)が体重や体脂肪の減少につながること、そして、糖尿病、悪性腫瘍(がん)、心血管疾患(心筋梗塞や狭心症など)、神経変性疾患(アルツハイマー型認知症やパーキンソン病など)などの予防に効果があることが分かってきました。

では、「1食置き換えファスティング」とはいったい何なのでしょうか。

1食置き換えファスティングとは?

1食置き換えファスティングとは、別名「16時間ファスティング」と呼ぶことができます。
1食を固形物を取らずに、次に固形物を摂るまでに時間を空けることで、身体の機能を整えていく方法です。

  • 16時間のファスティングをする2つの理由
  • オートファジーとは

16時間ファスティングをする2つの理由

私たちの身体は日々、細胞が壊れ、それを修復して、ということを繰り返しています。

新しく若々しい細胞が体内にたくさんあることが、健康でいられるための第一歩でもあります。

物を食べる回数を減らす、空腹の時間を増やすことで、
細胞の修復や代謝を活性化するための「代謝酵素」というものが働く割合を増やし、逆に食べ物を消化するときに使われる「消化酵素」というものの割合を減らしていくことが、16時間ファスティングをする1つ目の理由です。

また、16時間のファスティングをすることで、「オートファジー」という仕組みを利用することで、細胞の修復を助けるのが2つ目の理由です。

オートファジーとは?

私たちの身体は、普段、「摂取→消化→吸収→代謝→排泄」という形で食べたものを身体の中に取り込んだり、排泄したりしています。

この過程の中の「代謝」において、細胞を修復したり、新しく作ったりしていきます。

オートファジーとはこの過程の中で、行われる「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる」仕組みのことをいいます。

この仕組みのを発見した東京工業大学の大隅良典栄誉教授が、オートファジーの研究で2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。このことで、オートファジーが世界的に注目をされました。

そして、このオートファジーを作用させるために16時間の空腹の時間が必要であることがわかっています。

では、1食ファスティングをして、このオートファジーがおこることで身体にはどのような変化が起こると考えられるのでしょうか。

1食置き換えファスティングの効果

ものを食べない時間を作ることで、オートファジーを起こし、以下のような効果をもたらします。

  • 脂肪燃焼効果
  • 内臓を整える
  • 血液をきれいにする

脂肪燃焼効果

「ものを食べない時間」の間は、外部から糖質を補給できないため、肝臓に蓄えられているグリコーゲンを利用してエネルギーを作り出します。そして、その時間が10時間以上続くと肝臓に蓄えられたグリコーゲンが尽き、身体は脂肪を分解してエネルギーに変換しようとします。なので、「ものを食べない時間」が長くなればなるほど、体内の余計な脂肪が分解され、減っていくのです。

内臓を整える

1日3食食べ、間食をする方も多いかもしれません。もしくは、朝ご飯は抜いているよ?という方もおられるかもしれません。

現代は、飽食の時代ともいわれ、いつでも食事が手に入るようになりました。その結果、食べていないことが悪いこと、という形も生まれました。

しかし、食べ過ぎや消化器官への負担が増えているのも事実です。

16時間のものを食べない時間を作ることで、内臓を休ませることができ、結果的に内臓の働きを良くすることができます。そうなれば、摂取した栄養をしっかりと消化、吸収で来るようになるため、代謝があがり、腸内環境も良くなる結果、免疫向上、疲労回復等が効果として現れます。

集中力の向上

1食置き換えのファスティングであっても、消化器官への負担が減ります。
消化器官への負担が減り、血液を送る量を減らすことができるので、脳に十分な血液を回せるようになります。そうすると、集中力が上がる効果が期待できます。

トータルボディケア OF LIFEの1食置き換えファスティング(1月度)

OF LIFEの1食置き換えファスティングは毎月実施をしていきます。
まずは、2022年1月に行います。

1週間、1食置き換えファスティング期間

2022年4月17日(日)~2022年4月23日(土)

この期間中、1食をファスティングすることで、16時間の空腹時間を作ります。

コース・料金(税込)

OF LIFEの1食置き換えファスティングは3つのコースがあります。

  1. ライトコース(23,960円、別途送料1,000円)
    ファスティングドリンクのみで行うコースです。
    ファスティング経験がある人におススメ。
  2. リセットコース(30,710円、送料無料)
    ファスティングドリンクの他に、ヘンププロテイン、マグネシウムのサプリメントを併用します。
    ファスティング初心者の方や痩せやすい体質に変えていくための食事・メンタル・習慣を身に着けたい方におススメです。
  3. コンプリートコース(43,832円、送料無料)
    リバウンド経験がある人。1人でも痩せる方法、メンタルを作るためにどうしたらいいか知りたい!痩せる習慣を徹底的に身に着けたいと思っている方へおススメです。

お申し込みは以下の画像をクリックしてください。